代表者の挨拶

はじめに

私たちは、主に京都地区で放射線診療に長く関わってきた医療関係者です。
メンバーには医師、診療放射線技師、医療放射線防護の専門家、内部被曝の専門家らがいます。
日常は患者さんの健康に貢献するために、放射線を利用しています。

2011年に発生した東日本大震災に伴う原発事故では、多くの方々に放射性物質による健康影響に対する不安や、行政の発表内容への不信が広がりました。私たちはこの最大の原因は、自ら考え判断する情報が不足していたことだと考えました。

2012年から放射線健康不安に対応するための活動を始めました。その成果をもとにして、皆様にご利用いただける各種小冊子や機能漫画を作成しました。ご家庭や学校職場などでご活用いただき、少しでも正確な情報が伝わることを願っています。

                                                                                        主任研究者
                                                                                        京都医療科学大学     大野和子